航空券は安ければ良い!というだけでいると後悔するかも?

格安航空券が気軽に購入できるようになって、海外旅行に今までよりも簡単に行けるようになりました。行先によっては、国内旅行をするよりも安くいくことができるので、驚きですよね。
でも、飛行機のチケットが安い航空会社を利用すると、空の旅が快適ではなかったなどの感想を持つ人もいるようです。格安で飛行機に乗ると、どんな困ったことが起こるのか、紹介していきます。

LCCは機内が狭くてサービスも低い

LCCはとにかくコスト削減に力が入っていて、とても安く飛行機に乗ることができます。交通費をできるだけ抑えて旅行したいという人にとってはとても便利ですが、機内が狭くて快適に過ごせなかったり、サービスがすべて有料で、満足いく接客をしてもらえなかったという感想を持つ人も多いようです。
LCCを利用するときには、機内での快適さや、サービスにはあまり期待しないで乗るのが後悔しない秘訣といえるのかもしれませんね。

大手航空会社の格安航空券も要注意

大手航空会社なら、機内はある程度広いですし、サービスも充実しているので安心、ですよね。でも、大手航空会社の格安航空券は色々な条件が付いている場合が多く、購入することができても、日程を変更したり、キャンセルすることができないということが多いです。
高額な航空券を前割を利用して格安で購入したけれど、諸事情で乗れなくなってしまったため、高いキャンセル料を払わなくてはならなくなったということで残念な思いをした人も少なくありません。海外旅行となると、航空券の価格も高くなりますから、キャンセル規定についてはしっかり確認して納得してから購入することが必要です。

後悔しないために、航空会社のことをよく知りましょう

ただ、安いチケットさえ手に入ればよいというのではなく、航空会社それぞれの特徴を知っておくことが後悔しないためには必要なことのなのです。

返信する